別紙 コラム EngagementModel(1) Analyzing the Ecosystem翻訳

Analyzing the Ecosystem(翻訳)

エコシステムは様々な視点から見ることができ、各組織はエコシステムに対して独自の関心を持っていることでしょう。したがって、エコシステムを分析するために使用するモデルは、さまざまなタイプの組織やさまざまなタイプの顧客に適合するように、柔軟でなければなりません。


以下は、エコシステムマップキャンバスです。これは、特定のSubjectを取り巻く様々な関係者の宇宙のようなエコシステムを示しています。


エコシステマップは、4つのコンセプトから構成されています。


サブジェクト : これは、例えば顧客、組織、または組織の一部など、エコシステムに関心を持つ側の視点である。

パーティ:実際の企業、顧客、サプライヤーなど、エコシステムの中で活動するさまざまな関係者です。

ディメンジョン : 産業や市場分野など、共通の特性に基づいて当事者をグループ化したもの。

アスペクト: これは図の輪の部分であり、例えば、提供者、消費者、パートナーなど、サブジェクトが当事者をどのように認識しているかを示しています。リングは、最も内側のリングから順に関係の強さを示すために使用することができる。


エコシステムは、顧客や組織をサブジェクトにして、顧客の視点、あるいは組織の視点から分析することができます。分析を始めるには、まずサブジェクトを選択する必要があります。

エコシステムについてどれだけの情報が知られているかによって、このキャンバスで作業するいくつかの異なる方法があります。マップに当事者を配置する前に、アスペクトを決定するのは良い方法です。アスペクトこそが、サブジェクトにとってエコシステムを意味のあるものにし、どのパーティをエコシステムに表示するかを決定するのです。アスペクトの良い出発点は、次のとおりです。


これらの側面は完全なものではなく、パーティが供給者と消費者の両方になったり、必須と望ましいサービスを提供したりする可能性があります。パーティを最も適したアスペクトに配置するのは、参加者の経験次第です。

エコシステムマップにパーティを配置する前にディメンジョンを追加することも、エコシステムにパーティを追加してからディメンジョンにグループ化することも可能です。ディメンジョンは、パーティに共通する属性であり、分析の目的によって取り組み方が一部異なる場合がある。例えば、特定のディメンジョンのパーティを見つけるため、あるいは既存のパーティをディメンジョンにマッピングするためなどです。組織と顧客の両方の視点からは、例えば、産業部門と連携することが良い出発点となります。


小売

製造業

政府機関

ホスピタリティ

物流

輸送


ディメンジョンは、その組織が扱うビジネスの種類や、顧客のシナリオに特化したものになると思われます。


アスペクトやディメンジョンの場合、使用するディメンジョンやアスペクトの数を決めるのは参加者次第である。ただし、多数のアスペクトやディメンジョンをマッピングすると複雑なモデルになってしまうので、1つのマップに使用するアスペクト(最大4.)とディメンジョン(最大8)の数を限定し、必要に応じて異なる視点からのマップを複数作成するとよいです。


パーティは、アスペクトとディメンジョンに配置されます。パーティは、顧客または組織が相互作用する実際の実体です。これらは、企業、政府機関、NGO、または利益団体であるかもしれません。


エコシステムをマッピングし、分析することで、関係、サービス、機会に対する貴重な洞察を得ることができます。それは、コラボレーションの可能性を強調し、エコシステム内の真に重要な関係者に注意を向けることができます。


エコシステムマップキャンバスをさらに説明するために、以下の例では、顧客の視点と組織の視点からのマップを示しています。


ティンクルマンのお客様

次の例では、架空の会社「ティンクルマン・コーヒー・ロースターズ」を使い、対象者はティンクルマン・コーヒー・ショップの顧客であることを想定しています。このエコシステムでは、顧客にとって当事者がどれだけ重要であるかを示すために、essential、valued、desirableというアスペクトが使用されます。顧客がティンクルマンコーヒーを飲みたいときに、サービスや製品を提供するエコシステムのいくつかのディメンジョンが特定されました。



上の地図では、タクシー会社「TAXI-HI R」を利用してコーヒーショップまで行くお客様や、「DELIVER 2 U」というオーダー&コレクト会社でコーヒーを自宅まで届けてもらうお客様がいることに注目してください。また、ABC大学の学生は、学業中にティンクルマンコーヒーを利用するため、キャンパスの近くにあることが望ましいと考えます。近くのスーパーホテルの顧客は、会議や打ち合わせのためにコーヒーを注文することが多く、複合施設「シネマ1」に映画を見に行く途中でコーヒーを手にする顧客もいます。この例では、ティンクルマンがエコシステムの他の当事者と協力することによって、顧客への価値を高める機会が数多くあることがわかります。


ティンクルマン・カンパニー

次の例では、「ティンクルマン・コーヒー・ロースターズ」社をサブジェクトにしています。このエコシステムでは、ティンクルマンと関係者の関係を示すために、パートナー、プロデューサー、コンシューマーというアスペクトが使用されています。エコシステムではいくつかのディメンションが特定されており、それらはおそらくビジネスのタイプを表していますが、ティンクルマンにとって関心のある能力を表している可能性もあります。




このエコシステムの中で、コーヒー豆を提供するBIG BEANS、焙煎施設からコーヒーショップまでの物流を担うLBN GOODS、法務をサポートするHOLBY PARTNERSなど、複数の企業とパートナーシップを結んでいるのです。


人材派遣会社のKOPE HRは、ティンクルマンにバリスタの人材紹介サービスを定期的に提供している。タクシーハイRは、ティンクルマンのスタッフと顧客のためにタクシー予約サービスを提供し、XPRESSはリクエストベースでロジスティクスサービスを提供しています。スーパーホテルは、ティンクルマンコーヒーの消費者であり、会議のために利用されています。


この例では、組織の運営を改善する機会があります。例えば、KOPE HRとパートナーシップを組み、採用活動を行ったり、スーパーホテルで行われる会議でのコーヒー注文を自動化したりすることができます。


エコシステムマップと戦略の組み合わせ

エコシステムマップは、組織の戦略立案で用いられる手法と組み合わせることが可能です。戦略立案でよく使われる手法に、PESTELとSWOTがあります。これら2つの手法のアウトプットは、エコシステムのマップに使用することができます。これらは、PESTELのカテゴリーをディメンジョンとして、SWOTのカテゴリーをアスペクトとして示すために、生態系上で組み合わせることができます。例えば、環境NGOからの圧力は脅威とみなされ、パートナーからの新技術はチャンスとみなされるかもしれません。


これにより、戦略的な観点からエコシステムを検討します。




エコシステムに影響を与える

エコシステムを理解することは、組織がエコシステムを自分たちのために、そして顧客のために利用するのに役立ちます。例えば、戦略的提携やパートナーシップの構築、新規市場へのジョイントベンチャーなど、エコシステムを最大限に活用するために、組織はビジネスモデルを適応させることができます。


デジタル技術の進歩は、プラットフォームビジネスモデルを最前線に押し上げました。直線的なサプライチェーンではなく、複数の関係者間で価値の交換を促進するプラットフォームが提供されます。これらの関係者は、生産者であったり消費者であったりします。プラットフォームビジネスモデルを採用している企業の例としては、AirBnB、Amazon、AliBabaなどがあります。


エコシステム内の関係者とその関係を把握することは、重要なビジネスや建築の意思決定に役立ち、ひいてはエコシステムに影響を与えることができます。また、規制の変更、市場の変動、新しい法的要件などのイベントの原因と結果を理解することにも役立ちます。これらの事象は、エコシステム内のさまざまな関係者にプラスにもマイナスにも作用します。エコシステムにおける潜在的な影響を評価し、行動を起こす能力は、組織の競争優位につながります。


www.DeepL.com/Translatorで翻訳したものを修正しました。

(2022年1月30日 Iasa日本支部 理事 西山達也) 

閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示

バリューモデルとは ITABoK2からBTABoK3で大きく進化したIasaエンゲージメント・モデルですが、バリューモデルはその進化の大きな特徴の一つでしょう。「職業としてのアーキテクトの価値 (バリュー) 向上」は、Iasaの主要な活動目的のひとつであり、今回のエンゲージメント・モデルにおけるアーキテクチャの価値 (バリュー) へのフォーカスも、それに沿ったものといえます。 Iasaエンゲージメ