top of page

BTABoK:Stakeholdersとは ~ プロジェクトに影響を与える人物との関係を樹立する ~

本コラムでは、BTABoKオペレーティングモデルの概念である「ステークホルダー」を取り上げます。


ステークホルダーは、ビジネスやプロジェクトに影響を与える人や組織であり、

その成功に関心や利害関係を持っています。彼らの関与は、プロジェクトの進行や成果に大きな影響を与える可能性があります。そのため、ステークホルダーを適切に理解し、関係を管理することはビジネスやプロジェクトの成功に不可欠です。


BTABOKにおいてもステークホルダーの重要性は記載されており、ITアーキテクトとの関係性やコミュニケーションの取り方について定義されています。以下に関単にその内容を紹介します。


1.ステークホルダーとは?

ステークホルダーとは、特定の目標、ビジネスケース、または課題に対して関心や関与を持つ個人や組織のことを指します。ステークホルダーは、課題の成功に対して既得の利益を持っており、その成功はステークホルダーに対して肯定的、否定的いずれの影響を及ぼします。ステークホルダーは、その影響力を使って課題の解決を促進し、支援することができますし、結果として得られるアーキテクチャがステークホルダーにとって否定的である場合、課題の解決を妨げることもあります。一部のステークホルダーは、イニシアチブに貢献することによって積極的な役割を果たすことがありますが、他のステークホルダーはより受動的な役割を果たすこともあります。

典型的なステークホルダーの例としては、顧客、経営陣、または会社の部門などがあります。


2.ステークホルダーの重要性

ステークホルダーは重要です。なぜなら、彼らは課題の進行に影響を与え、場合によっては成功と失敗の違いを生むことがあるからです。異なるステークホルダーは、影響力と情報ニーズの度合いが異なります。


「あなたは常に一部の人々を喜ばせることができます、あなたは時々すべての人々を喜ばせることができます、しかし、あなたは常にすべての人々を喜ばせることはできません」

- エイブラハム・リンカーンに支持された詩人ジョン・リドゲートの言葉、


ステークホルダーの管理は多くの労力を必要とし、課題に多くのステークホルダーが関与している場合、これは非常に困難になることがあります。影響力のあるキーステークホルダーが満足していることを確認することで、課題の成功の可能性が大幅に高まります。

キーステークホルダーが課題に対してポジティブな影響を与えると、資金調達、キーパーソンのアサイン、その他のイニシアチブに対する優先度の向上など、大きな利点をもたらすことができます。

一方で、ステークホルダー自身がキーとなり、課題や提案されたアーキテクチャによってネガティブな影響を受けることがあります。例えば、レガシーシステムを置き換えるとき、レガシーシステムのオーナーはデータの移行においてキーとなるかもしれませんが、最新システムへの移行によって、ステークホルダーは影響力や予算を減らすことになるかもしれません。このような場合、否定的な影響を緩和する方法を見つけることが重要です。例えば、アーキテクチャに妥協をすることで、組織の再編や役割の変更など、有利な状況を作り出すことができます。


3.意見の重要性

ステークホルダーは、自分にとって有利な方向に課題を解決させたいと思うでしょう。その一つの方法は、自分の意見をアーキテクトと共有することです。ステークホルダーからの意見を取り入れることで、課題への関わりを作り出すことができ、これによりステークホルダーの課題成功への関心が高まることがあります。

ステークホルダーは意見が衝突することがあり、多くのステークホルダーがいると、すべての意見に同じ注意を払うことは困難です。どの意見を満足させ、どの意見には少ない注意を払うかを選択する必要があるかもしれません。ここで重要なのは、どのステークホルダーが課題に最も好意的であるかを知ることです(パワー・インタレスト・グリッドを参照してください)。


4.ステークホルダーとの合意形成

ステークホルダーの関心や関与は、活動動機から生まれます。活動動機とは、ステークホルダーの関心を引き出し、意思決定に影響を与える力のことです。個々の人々にとっての活動動機は、名誉、権力、安定性、スキルの向上などがあります。組織にとっての活動動機は、組織の文化や組織が行うビジネスの種類によります。組織の活動動機の例としては、成長、予算/売上の増加、スキルへのアクセス、コンプライアンス、競争優位性などがあります。

ステークホルダーの動機が何かを知ることで、ステークホルダーと課題との関係が明らかになり、ステークホルダーがアーキテクチャからどのように価値を得ることができるかを示すことが容易になります。ステークホルダーの活動動機は、アーキテクチャのさまざまな側面に対するステークホルダーの関心を評価するための基礎を提供します。ステークホルダーが何に動かされているのかを理解することで、課題やアーキテクチャの推進、およびステークホルダーがどのように価値を得ることができるかを示すことが容易になります。


5.ステークホルダー間の調整

ステークホルダーの管理はバランスが必要です。ステークホルダー間には複雑な関係があり、ステークホルダーからの影響力と関心を得るためには信頼が鍵となります。これは微妙なバランスを保つ行為であり、一つのステークホルダーへのコミットメントが他のステークホルダーとの関係にネガティブな影響を及ぼす可能性があります。交渉、外交、紛争管理は、アーキテクチャのバランスを保ち、ステークホルダーの信頼を維持するための有用なスキルです。

ステークホルダーを管理するための労力は無限ではなく、ステークホルダーの狭い範囲に焦点を当てることで、いくつかの重要なステークホルダーを満足させることができます。しかし、これは広範なステークホルダーが課題に対する関心を失ったり、アーキテクチャに対するネガティブな傾向を始めたりする問題を引き起こす可能性があります。したがって、ステークホルダーに対する労力の管理において適切なバランスを見つけることが重要です。


6.重要ステークホルダーの特定

特定のケースでは、特定のステークホルダーが課題の成功にとって重要です。ステークホルダーが特別なスキルやリソースを持っていたり、課題が依存している他のプロジェクト/製品の責任者である場合があります。課題の活動とそのようなステークホルダーとの間のキーとなる依存関係を特定することは、アーキテクチャの成功にとって不可欠です。


7.ステークホルダーの背景を知る

アーキテクチャを伝える際には、ステークホルダーが理解できる形でアーキテクチャが提示されていることを確認することが重要です。ステークホルダーはしばしば異なる背景を持ち、アーキテクチャに対して異なる関心を持っています。例えば、一部のステークホルダーはアーキテクチャの技術的な視点に関心を持つかもしれませんが、他のステークホルダーはビジネスの視点に関心を持っています。適切なステークホルダーに対して適切なアーキテクチャの視点を選択することで、情報が関連性を持ち、アーキテクチャの理解が深まります。


8.ステークホルダーを味方にする

ステークホルダーは強い意見を持つことがありますが、それらの意見に挑戦し、適切な方向性を選択するのはアーキテクトの責任です。意見や提案はすべて、最良の結果を得るために、異なるシナリオや状況でテストする必要があります。これにより、アーキテクトは提案された変更に納得感を得ることができ、単にステークホルダーの指示に従うのではなくステークホルダーの賛同を得ることができます。


***


いかがでしたか?これらのポイントを考慮することで、ステークホルダー管理はより効果的になり、プロジェクトの成功につながる可能性が高まります。ただし、これらはあくまでガイドラインであり、具体的な関係者や状況によっては異なるアプローチが必要となる場合もあります。それぞれのプロジェクトや組織に最適なステークホルダー管理の方法を見つけることが重要です。


Iasa日本支部は、日本国内においても実践力を備えたアーキテクトが広く認知され、活躍できるような業界にしたいと考えています。今回解説したステークホルダ管理は、プロジェクトを成功に導くために重要なスキルです。このようなスキルを有した成熟したアーキテクトが一人でも多くなるよう、これからの価値ある情報を発信していきたいと思います。今後のIasa日本支部の活動へのご参加、ご協力をよろしくお願いいたします。


閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示

[TABoK紹介シリーズ] "Information Usage"仮訳

BTABoKといえば「エンゲージメント・モデル」ですが、その前身であるITABoKといえは「5つの柱と4つの専門領域」でした。もちろん現在もこれらは全て「コンピテンシー・モデル」としてBTABoKに受け継がれ、さらに加筆修正、新たな項目の追加が随時行われています。今回はBTABoKの「インフォメーション・アーキテクチャ」コンピテンシー・モデル、つまりITABoKでいうところの「インフォメーション・

Comments


bottom of page