アニュアル・カンファレンス2018 講演資料

 2018年11月30日(金)に開催された「アニュアル・カンファレンス2018」の各講演で使用した資料です。講演1.と講演3.の資料には閲覧用のパスワードを設定させていただいております。


 当日参加された方には閲覧用のパスワードをメールにてご案内させていただきましたが、パスワードを紛失された方や当日参加されていない方で資料をご覧になりたい方はこちらのお問い合わせ窓口からその旨ご連絡いただければ閲覧用のパスワードをご連絡させていただきます。


 

講演 1.『グローバル化 & IT人材育成の取り組み 〜デジタライゼーションに向けて〜 』

                日本たばこ産業株式会社 CIO 引地 久之 様


講演資料はこちら

 

講演 2.『Introduce Recent Trends of DX in Asia』

     Iasaアジアパシフィック, ファウンダー兼会長, Aaron Tan Dani 様


講演資料はこちら

 

講演 3.『より豊かな社会を築くマイクロソフトの最新テクノロジー』

          日本マイクロソフト株式会社 CTO 兼

          マイクロソフトデベロップメント株式会社 社長 榊原 彰 様


講演資料はこちら

 

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

バリューモデルとは ITABoK2からBTABoK3で大きく進化したIasaエンゲージメント・モデルですが、バリューモデルはその進化の大きな特徴の一つでしょう。「職業としてのアーキテクトの価値 (バリュー) 向上」は、Iasaの主要な活動目的のひとつであり、今回のエンゲージメント・モデルにおけるアーキテクチャの価値 (バリュー) へのフォーカスも、それに沿ったものといえます。 Iasaエンゲージメ